2016年5月27日金曜日

はな子追悼

午後になってしまったが、慣れぬ花束を持って「はな子追悼」に井の頭自然文化園に出掛けた、献花の参加者は引きも切らず大人も子供もは「な子追悼」に来ていた。
園関係者に尋ねると再来週6月4日の日曜までは献花台を設けていると言う。

象舎には未だ「はな子」が横わたっている筈で、最終死因追及の為の解剖が行われている最中であった、勝手に「はな子」との縁を感じている(はな子ファンの殆どがそうだがww)自分としては、施術が終わるまでは象舎の前で立ち会って居たいと、4時過ぎまで現場に居続けた。

象舎は半分ブルーシートで覆われていたが、何となく気配は感じるので立ち会った獣医達が出てくるまでは近くでじっと待っていた、その間献花に訪れる人々を見るにつけ切なさは増幅するが、此れもはな子の為と頑張っていた。

一昨日最期の機会に共に「はな子」のモニターを見続けていた人に(自分より先に帰って行ったが)会わないかなあと、淡い期待を持ちつつ居たが、16時近くなって後ろの老婆の会話に参加した途端、隣に彼女がいた!
「私の前にずっといた人ではないですか?」と向こうから声を掛けられた、実はよく見ていなかったので女性と思っていなかったが、間違いなく其の人であった!

不思議なものである、偶然が二度重なった!
はな子との縁はやたら偶然が重なるから不思議だ、だが当方気にしていたのでホッとしつつ、死ぬ前日のはな子の挙動に、共に不安を覚え心配した事は一致した。

はな子は多くのファンに囲まれている、それは様々な事件を超えて69歳までに培った彼女のファンなのだ、ファンは夫々に独特な心理で「はな子」に接しているだろうが、其の数は絶大だ。
明日からの土日、その後の一週間もファンは絶えなく来るだろう。

「井の頭のはな子」は夫々の人にとって永遠の存在の象になったのだ。

タイ王国の大使館からの花も、大使も来ていた

花に果物、夫々の思いが
献花台

皆直ぐは帰らない
はな子へのメッセージを書く


2016年5月26日木曜日

はな子画像2

前回慌て乍ら「はな子」の動画を公開しましたが、追加で昨日の画像を紹介します。

最後のはな子の眼差しが忘れられません!

一見普通そうでしたが、外に出ません
想えばやっと立っていたのかもしれません
鼻で水を吸って体に掛ける事も出来たのですが
はな子は最期に何を求めていたのでしょう・・

外のモニター画面
園の方でも随分気を使っていました
外に出て来ないはな子を呼んでみましたが・・
出て来ようとはしません
はな子の影ですが、何か異様な?!
室内展示で「はな子」はこんな優しい眼差しで見ていました、
此の最期の眼差しを撮るとき、自分は見詰めるはな子に別れを予感しました、気になって今日も会おうかと思いましたが、結果的にはこれが最期の姿でした。

年齢の近いはな子に特別の思いを抱いてきました、はな子が生きていれば自分も長生き出来ると、そう思って接して来ましたが・・・

偶然前日に会えただけでも良しとします、

はな子安らかに、ありがとう!さようなら!

合掌

2016年69歳のはな子

気になっていた井の頭公園の自然文化動物園の「はな子」に会いに行った、69歳と最高齢の象として人気のある「はな子」だが、さすがに老いは目に見えて隠せず、外に出る事無く(仕切り扉は開いているのだが)専ら室内で静かにしていた。

公開の時間帯の制限や面会の柵も以前より一歩下がったラインになり、「はな子」にストレスを与えない様随分気を使っている。

中止!!
たった今「はな子」死亡のニュースが!

今日やっぱり行けばよかった!午後から仕事終わって行ってみようかと実は心配だった。涙

これからはな子追悼の昨日の画像全部紹介します!!


video

video


video


video


ああ!昨日会ってからずっと気になっていた、今日行っても会えなかっただろうが(朝から起き上がらず、3時4分死亡確認と今ニュースで言った)、行くべきだった・・、昨日シャッターが下ろされた後、外のTVモニターを最後まで見ていたのは私だけだ!係員が去った後も「はな子」は食事を摂らなかったので心配していていた。

悲しい!!

2016年5月22日日曜日

相撲観ながら

大相撲千秋楽中入り序盤戦を観ながら、晩酌を始めながら、庭の小雀達の喧しいチュンチュンを聞きながら、初夏の夕暮れを楽しむ。

東京は朝晩まだまだ涼しい日が続いている、今日は日中28℃近くまで上がって夏らしくなったが、過し易い日々だ。
今夕は、早番で一仕事終え、明日は休みとくれば一入で、庭の緑を眺めつつのんびりとして酒を楽しむ。

子供の頃から相撲を観るのが好きだ、最初はラジオから流れる実況に胸躍らせていた。
白黒TVで柏鵬時代を観、カラーになって輪湖・初代貴乃花時代、そして若貴の活躍等関心は薄れる事無く続いている。

此の数年はなお一層目が離せない趣味になっている、時間が出来てTV桟敷に座る機会が増えた所為もある。
そう謂えば昔から年寄りは相撲好きだったなと思うがww。

秋祭りの時に、世田谷八幡で農大生による奉納相撲があるが、毎年欠かさず観に行っている。
やるのは得意じゃないし好きではないがww、観るのが好きなのです。

勝手乍ら、そろそろ中入りに入って、目が離せなくなってきたので、今日はここで御終いにします。ww

2016年5月16日月曜日

やっと朝トレ

久し振りに朝トレへ、本当に随分間が在って前回何時だったか思い出せない。ww
体調を大きく崩した事は無かったのだが、病院がらみの諸々の件が有って、仕事シフトとの兼ね合いもあるがタイミングを逃していた。

曇り空でTシャツ一枚では涼しかったが、体を動かすうちに丁度好くなった。
明日も休みなので安心してストレッチに励むw、ウエストが一回り太くなった分特に腹筋等胴回りの運動を重点的にせざるを得ない。W

うっすらと汗ばむようになって帰ってきたが、爽快な朝になった。
好い休日なりそうだが。

久し振りの羽根木公園画像をたっぷりと紹介します。

お決まりの定点、向こうのイチョウ並木、三本枝の切り過ぎではないか?!
朝の緑が気持ち良い
グランドからテラス風景
イチョウ並木
7時近くになると人が少なくなる
中央の桜並木
テニスコートは木々にすっかり隠れ
ウオーキングコース路
芝生広場
北沢警察署側に出る並木路
鳴いてる雉鳩を撮ったが真中黒い影だけww
梅ヶ丘への中央路さつきが満開
颯樹だよね?躑躅かな?植物の名は自信ないww
名物「道真の飛梅」も緑
百日紅と日月庵の屋根
これで好い一日になるだろう!

2016年5月13日金曜日

五月快晴

今日休みで明日明後日は出勤シフト、ずれて月火が連休、半日業務なので世間の休日と違っても大した不都合は無い。
普段から休みが多いわけだからw、家族との行事でもない限りシフトは土日関係なく組まれている。
予定が出来れば何時でも交替出来るし、楽な職場で助かっている。

今日は快晴で暑かった、初夏の気候になって、生活も夏モードにシフトしなければならない。

この青さ!
緑と青の対比
此の空の下だも暑い訳だが、まだまだ暑さは序盤で、今後30℃を超えるようになる。
真夏の前に梅雨があるが、湿度が高くて暑苦しいのは同じだ。

最早早速とは言えないが、汗を掻きつつ部屋の片付け大掃除や、衣類の出し入れで、身の周り状況を完全に真夏シフトに変えた。
今は軽く扇風機を回して満足し乍ら書いている。ww

頭からシャワーを浴びて汗を流した気持ち好さが、ブログの更新に気を向けてくれたが、此れと謂った事も無く、退屈な文章に成っている様だがしょうがないか、、。笑

2016年5月9日月曜日

隣のお爺さん

二連チャンの後今日は休み、明日早番なので遠出せず家事を専らに熟す。

外は晴れから曇り気味になり湿度が高い、明日明後日は雨になるらしいので其の気配だろう。
風が緩やかに吹いて、緑葉がゆったりと大きく揺れている。

隣のお爺さん、相変わらず平気に柿の木に登って剪定をしている、梯子から枝に移ったりして身軽だが、如何せん80歳を超えるかと謂う齢だけに、見ている方はハラハラさせられる。
庭の手入れが日課の様で出掛ける様子は無く、晴れの日はまめに小柄な身体で動き回っている。

生甲斐と言っても良いのかもしれない、登れる内動ける内は、健康で充実しているのかも。
兎に角は、私の目の前で落っこちるのだけは無しにして頂きたい。(笑)

遠くサイレンのどかな庭みどり

お爺さん登りて切る枝は緑

2016年5月6日金曜日

通院検査

今日は通院日だったが、やっと検査結果が平常値に戻り一安心、新たな病では無かった。
何事も何時も通りというのが一番良い様だ。

画像:帰りに目黒川の流れを、桜はとっくに散って護岸は緑ばかりだが今日は渇水の様だ。

曇り空でこの後雨になった
先日の目黒川の桜を紹介しましょう、

4月8日です
川面に桜花の帯が
満開でした
目黒川の桜並木は名物です
また来年を楽しみにあっと言う間の桜の開花でしたww。

2016年5月4日水曜日

明日は立夏

明日は子供の日で二十四節気の「立夏」、今日は昨夜来の嵐の後雨が止んでも風が強かったが、27℃と暑くなったのも頷ける。

午後の快晴の下、外を歩き回っていると汗を掻き、熱中症の症状を感じて慌てゝ水分補給する。
長女が近所で引っ越しをしたので、午前から手伝いに出掛け、TVアンテナの分配器や洗濯機のアタッチメント等々担当する部品の買い出しに外を回ったりしていた。

家族全員が集まっての行事は久し振りで、父としては半ば嬉しいひと時でもあったが、疲れが出たのか当の娘が夕方になって鼻風邪の症状を示し、此の連休に後片付けをするらしいので心配だ。

丁度自分も明後日まで連休なので、明日も邪魔をしない程度に手伝いに顔を出そうと思っているが、果たして如何かは分からない。
時には娘に鬱陶しく思われる事もある故、判断が難しい!ww

それにしても昨夜の雨から思うと今日晴れて好かった!雨の引っ越しは辛い、風が未だ強かったが新居の換気にはぴったりで、室内は開け放していた分風が入って涼しく仕事が出来た。

幾つになっても親にとって子は子供であり、うざいとか言われようが心配の種だが、自分等散々親に心配をかけた子であっただけに、娘達が意外としっかりしているのに救われる思いだ。

次女から只今「また明日」のラインが入ったが、勿論喜んで馳せ参じる父であります!www!

明日は子供の日と謂う事で父が昼飯を奢ってやるぞー!
(今日は娘に御馳走になったがww)

2016年5月2日月曜日

5月2日

速くも五月、何度も謂うが月日の経つのが本当に速い、この頃の一日はアッと言う間で、眠るのが惜しくなる程だ。
持病が有るので睡眠を削る訳にはいかないが、何をしてゝも時間が直ぐ経ち、老いてやりたい事が沢山有ったのに意外と出来ない。

寝てごろごろしている時間が多いのも事実だが、それは自分なりの健康維持で必要だし、出掛けてばかりだと出費も多くなるので、部屋に籠ってTVを見たり本を読んだり、PCでネット検索閲覧したりが多いが、兎に角時間が足りない。

他人よりTVを見る時間が長いかも知れないし、此の数年PCやスマホを弄る時間が多くなっているが、読書する時間が圧倒的に不足している。
本を読むには確実に時間が掛かる、例え幾ら急いでも文庫本一冊を一日で読むのは無理、人によっては出来るという者もいるかも知れないが、自分の読み方はそうはいかない、ページ数にもよるが精々で半分位で、それも小説物語類の場合だ。

現役の勤めの頃は、忙しいなりに彼是巧く時間を過ごしていた様だが、仕事第一の生活であって決して納得していた訳ではない。
今は100パーセント自分の時間、生活として大事に過ごしたいが、この先の人生の時間を想うとやりたい事の割に短くて、日常生活必須の行為を引くと余暇はそんなに多くはないのに驚く。

老いて尚更、一年一日一時間を貴重に過ごさねばならないと謂うことだが、すっかり当てが外れた話でがっかりする。ww
老後はもっとゆったりと過ごせるつもりでいたのだが、そうはいかないらしい。

やりたい事を削るか絞るしか手は無いのかなあ!
元来興味過多で集中力不足の自分には、予想外の辛い老後だわ。笑