2018年5月13日日曜日

これから雨

朝は晴れだったが、予報は午後から明日にかけて雨、未だ降ってないが空は曇っていて今にも降りそうだ。
昼間から酒を飲む事はまず無い、ランチの食前ビール一杯でさえ嫌う。
にも拘らず既に酒を飲んでいる。

日曜だが、早番の午前の仕事を終え、明日は休みとホッとして、帰り掛けに駅前のスーパーに寄って二日分の酒の肴を買い込み、昨日来気になった刺身を含めて仕入れたアテで早速呑んでいるのだ。
昨日築地の半額市に関連した検索で寿司や刺身の店が気になり、矢鱈寿司や刺身が食べたくなってしまい、待ってましたと言うばかりの酒だ。

何気無く昨日は酒を抜いていたので、余計に飲みたくなったのかもしれないが、実に美味い酒になった。
自分の場合は酒の肴で飲むタイプなので、今日は肴が充実していて楽しい。

明日は午前が予約無しで外科医院の腰のリハビリ通院、午後に予約の歯科通院と専ら近所で済む予定しか無いので、此の調子では家飲みで二日酔いになりそうな飲み方に成っている。笑

更に一寸前からTVは大相撲が始まり、余計にアテが増えた様で楽しい。

職場も今月に入って新年度の体制に落ち着きが見え始め、自分も安心して皆に対応している。
後は自らの体調管理が重要で、急遽休む事が無いよう心掛けて行きたい。

外の緑はいや増し、不順だった気温も昨日から今日辺りは例年通りに成った。
これからの雨は余分だが、小生は大相撲を観ながら専ら酒飲みに興じる魂胆なので、何の不都合もない。

春の終わり、夏の初めや好しww

2018年5月5日土曜日

5月5日

子供の日、端午の節句、立夏、正に五月晴れの空に青葉が映える。
昨日ほど強くないが時折風が通り過ぎる、二日前の嵐の名残かな!?。

昨日から三連休のシフトでのんびりしたものだが、街へ出ればGWで何処も混んでいる様だし、今日も遠出せず近所の散歩でもするかと。

気温が丁度好い!先日は夏日になったりで暑かったが、昨日から暑くも無く寒くも無くで、半袖に薄い上着か長袖のポロシャツで十分だ。

結局昨日は午前に一風呂浴びただけで、散歩にも出掛けず部屋でゴロゴロして身体を休めていた。
少しは外へ出て歩き廻らないと身体の筋肉が落ちてしまう、羽根木公園でも行って子供の遊ぶのを観ながら、ブラブラと草木の画像でも撮って来よう。

嗚呼!それにしても良い天気の5月5日だ!ww

2018年4月29日日曜日

GW

世間はゴールデンウイークに入ってる、天気も良く出掛けるには絶好だろう。

当方は、今日は珍しく日曜完全休日だが、明日明後日と月末締め月初報告業務と普段より忙しい。
その後も毎月通りのシフトでの勤務が有り、特に長期の休みは無いが、元々休みの多いシフト制なので、何ら皆不満は無い。

年寄りはGWだからと言って特に企画をする人は少ないだろう、却って混むので避けるのではないか。
出掛けようと思えば普段いつでも好きな様に出来るのだから。

それにしても一寸は皆と一緒にGWの混雑を体験したい気持ちはある、公園へ行ってみるとか新宿渋谷等都心へ出掛けてみるのも良いかな。
只、遠出や旅行は遠慮しとこう。笑

メディアは一昨日来、南北朝鮮の首脳会談のニュースで持ち切りだ。

平和に仲よく戦争無しで進もうとするのは良い事であるが、肝心なのは其の具体的なプロセスで、何を現実として実行するのか?!、非核化と言うなら何時どの様に行うのか?!何も具体的な事は明らかにされてない。
会う事が劇的だと言っても、これまで同様に何の変化も無ければ意味が無い。

アメリカが今後トランプ大統領と金正恩委員長との会談に如何対応して行くのか?、トランプ大統領と安倍総理が密接に打合せを重ね乍ら、有効な朝鮮半島非核化の実現の道筋を作ってほしいものだ。

今回は韓国の文大統領が前のめりに南北会談を実現し、金委員長が単なるお飾りの馬鹿では無く、そのしたたかな人格を世界に知らしめたが、兎に角は全てはこれからの事だ。
北朝鮮の時間稼ぎやプロパガンダに終わらせないためには、具体的で実効性ある約束の積み重ねが必要だ。

メディアによっては今の朝鮮半島情勢に絡めて、安倍首相の日本が置き去りにされている等と危惧する意見を述べる者もいるが、むしろ今の安倍首相だからこそトランプ大統領とは過去無い頻度で相談連絡を取り合い、長期政権の利を生かして世界でも存在感を示している。

例によってマスメディアの政権引きずりおろし策は変わらず、うんざりするものが有る。
ミスや不手際を指摘糾弾するのは好いが、其ればかりでは日本は立ち行かない、もっともっと世界の大局を観ながら判断してもらいたい。

其れは国会の一部野党にも言える、国会議員が国会をボイコットして何になる、給料通りに国会各委員会に出て、堂々と議論すれば良いではないか。
少数派で自分らの意見が通らないからと国会開会を拒否する、国会議員として全く成って無いから、国民が支持せず少数政党なのだと言う事を自覚した方が良い。

今日は此れまでww

2018年4月22日日曜日

完全復帰

今日の早番から仕事に復帰した。
一昨日の通院で、最早インフルエンザの菌は出ていない事を確認している。
体調は咳を除いてほぼ復調していたが、インフルだけに仲間にうつす心配が有るので、余分の休みを取っていた。

一週間足らずの内に夏日に近い天気になっている、半袖で十分な季節になった。
個人的だが東京で一番好い季節になったのだ!
緑が増し、風柔らかく温暖で、長閑な東京なのだ。

梅雨の前の五月晴れは兎に角嬉しい季節。
昔北国から出て来て東京の暖かさに感動した時期でもある。

何となく街をうろつき回りたくなるのだが、其れは若い時で、今はぼうっとして隣の緑を眺めている方が好くなった。

休んだお陰で今日から4連続の勤務となるが、何ら心配ないだろう。
精々半日ほどの年寄り仕事で、むしろ体のリハビリになる。
仕事後の充実感が堪らない好い。ww

葉色濃く 風に揺れつつ 鳥とまる

2018年4月17日火曜日

インフルエンザ

先週の土曜から咳が激しくなり、くしゃみ鼻水と共に熱も出始め、辛い土日(日は高熱の中無理して出勤)を過ごして、月曜日に早速医者に行ったが、何とインフルエンザに罹患していた。
職場で今月三人目のインフルエンザ患者となり、恐らく職場でうつされたと思われるが、昨年12月1日に予防注射をしていたので、自分は大丈夫と思ったがそうも行かなかった。

斯くて個人的にはこれまで経験しない高熱と咳に悩まされたが、昨日から医者に処方された薬で随分楽に成った。
只酷かった分完全回復には未だ掛かりそうで、今週は皆にうつさないためにも仕事を休みにした。

普段滅多に風邪も引かなかったが、今回は北海道旅行の後でもあり、疲労が残って免疫力が下がっていたのかもしれない。
帰京した翌日の9日に肺炎球菌の予防接種を受けたが、其れが影響したかどうかは分からない、内科医は単に職場で流行っている故の事と断じていた。

予防接種の効果は64%位らしいから、残念ながら今年は外れの様だ。
若い頃と違い予防接種は結構まめに受けているが、其れでも完璧とは行かないので、日頃の体調管理がやはり大事な様だ。

急な体調不良で職場の皆には迷惑を掛ける事になった、予定されていた会議に急遽代理出席を頼み、更に出勤シフトを変更してもらう等、軽い職場でもいざとなれば簡単ではない。
其れでも「お互い様精神」の職場だけに快く受け入れてくれたのは嬉しい。

通院以外部屋に籠って4日目になるが、身体を冷やさないようにしつつ安静にして過ごしている。
時間毎に体調が戻り始めているのを実感できるが、未だ安心せずしっかり治そうと思っている。

眠ってばかりいる訳でないので、TVだけでなくネットが有るのは暇つぶしに大助かりで、寝たり起きたりしながらスマホやPCを弄っている。

食事は丁度表のスーパーが一時閉店セールをやったので、其の時買い込み過ぎた物を、鮮度と賞味期限を気にしながら消費している。

この先一週間でも買い物無しで過ごせるだろうww、この際だから冷蔵庫や食糧庫を一掃しようかと思うが、身体が弱っている時だけに食中りには気を付けなければならない。
普段は鉄の胃袋等と胃腸の丈夫さを自慢しているが、こう言う時は油断出来ないものだ、弱り目に祟り目と言う事も有る。

まあ、兎も角はもう暫く安静にして体調回復に努める。
去年の今頃は初めてのヘルニアに苦しんだが、毎度何が起こるか分からない年齢である。

2018年4月9日月曜日

春風

春の午後、晴れた空、やわらかな風が吹いている♪~♬。
一寸見ない間に緑が増え、桜も帰って来たら完全に散って葉桜と化し、小庭の地面に雑草が生え出している。

気温は20℃に成っているが、風のお蔭で暑くも無く、北海道では何所に行っても暖房が効き過ぎて熱くて閉口したが、休息の日の自分は、春風を受けて快適に過ごしている。

午前は二週間振りに歯科に通い、その後旅行中休んだ整形外科に行ってリハビリした後、日延べしてた肺炎の予防接種を受けた。
矢鱈と誤嚥が酷くなり、肺炎を気にしていたので、これで少しは安心出来る。(効果は二週間後くらいからだが)

医院の帰りに取った画像:東京の春

快晴!
貴重な雲一つww
周囲の花や緑が多くなった
花壇にチューリップが咲き誇る
今の東京は気候がとても良い季節だ、昔上京したての頃、街をうろつきつゝ感動したことを思い出す。笑

2018年4月8日日曜日

札幌行

前回ブログを更新した頃に、札幌の義兄が亡くなっていた・・!。
その子が娘の入学に付き添って上京している時であった。

若干通夜告別式をずらして6日7日と家族葬となったので、自分も羽田から新千歳経由札幌へ文字通り飛んで行き、集まった親戚の中でしっかり身内としての繋がりを確認して来た。

詳しく言わないが我が立場は微妙なものがあったのだが、兎に角誠意を持って親戚夫々とコミュニケーションを取り、一部強引な所もあるのかもしれないが、実の甥可愛さと義姉の人徳で何とかうまく振る舞えた様だ。ww

亡き兄の所業に成るのかもしれないが、改めて新たに認められた親戚付き合いが、我が存在が表に出た事で始まったかもしれない。
我が家族は嘗て亡くなった姉の忘れ形見である甥の事は、決して忘れられず何かと直接に関係して来た。

甥も特別の想いを我が家族に示していた。
我が母が健在の頃は、甥は特に我が母を変わらぬ祖母として慕っていた。
それで余計に母は不憫な孫としてしきりに声を掛けて可愛がっていた。

その孫の父が亡くなったのだった。
後妻に入った人がとても良い人だったので、我が家はずっと親戚付き合いをしてきたが、その他の親戚の中には「何で?」と思う人もいた様だ。

だが今回の事が更に甥の母と私達との絆を深めてくれた。
彼女も過去には言い知れぬ苦悩が有った様だが、息子可愛さに全て乗り越えてきたらしい。
特に今回場面が有って秘かに打ち明けてくれた。
その告白に自分は、今後はもっともっと表に出て、誠意を持ってフォローしてあげねばと思った次第である。

とりとめなくなったので、今夜は此れまでww