2017年7月26日水曜日

早寝早起き

未明から雨が降っている、夕方まで小雨が続きそうだ。
休日でも5時頃目が覚める、早番の習慣が身に付いて、昨夜の飲み会の後なので、もう少しゆっくり眠っていたいのだが、結局起きてしまう。

明日は復早番なので、この習慣を変えるのも困るし、夜早く床に着けばよい話だ。
どうせ朝食の後出掛けなければ、つい転寝してしまうだろうし、寝不足を気にする必要は無い。

シフトの関係で4分6くらいで早番の方が多い、遅番出勤は何ら気を使うことは無いが、早番は寝過ごしたら大変だから、早寝早起きの習慣を変える訳にはいかない。
更には齢の所為で自然に早寝早起きが普通に成って来ている。

連日の猛暑だが、今日は若干気温が下がり日中も30℃を超えないらしい。
只湿度は相変わらずで、雨の所為もあるが湿気には悩まされる。
からっとした夏の暑さには強い心算で、陽を浴びることも厭わない昔の自分があったが、近頃の蒸し暑さにはまいる。

斯くて出不精になり、部屋で過ごすことが多くなる、エアコンをドライにしてゴロゴロ過ごすのが堪らなく好いww。
何時の間にやら夏の過ごし方がすっかり変わってしまった、此れも齢の所為にするか・・。

2017年7月18日火曜日

所々で豪雨

今朝はストレス解消もあって、羽根木公園で例の朝トレを行い、帰ってシャワーを浴びてすっきりした。
腰の具合もまあまあなので、出来るだけストレッチや体操ウォーキングで鍛える必要がある。

健康に身体を動かすと言う事は大切で、今後も出来るだけ行うつもり。
体調は何とか維持されて生活、仕事に支障が無く過ごせるのはありがたい事だ。

朝の公園画像:

早朝は曇り空だった、定点の野球場
並木道、朝でも人が多い
予報は正午には晴れだが
ところで先程14時過ぎから雷がゴロゴロ鳴りだし、あっと言う間にどしゃ降りの雨と成った。

降る前の空の画像:
雷が鳴り出した
今にも降りそう
そしてどしゃ降りの雨と成ったのだが、直ぐに道路端が川の様に水が流れ、地盤の低い地域は大変な事になりそうな心配があった。

一時的な豪雨で最早この辺は止んだ様だが、竜巻注意報が出ており(大雨注意報も出ているが)、積乱雲が発達すると復降るかも知れない。
今は窓から日差しが入り込んで来た、この辺はもう降らないのか?!

先日の北九州地方の豪雨災害が未だ収束して無いが、その後北海道、東北、今日は新潟県と猛烈な雨が各地を直撃、被害が出ている所もある。

夕立どころでない、ゲリラ豪雨等とも謂うが、其れが半日一日続くと大変な災害になる。
北海道帯広や札幌で今月35℃以上の気温になったが、日本中の気温も雨も熱帯性を帯びてきた。
単純に地球温暖化等と言うつもりはない、だが此の十年二十年で気候が変わってきている事は事実だ。

個人的にはとっくに梅雨明け宣言しているが、気象庁の宣言も近々の様で、これから本格的な夏が続くが、高気温と豪雨には用心していて悪くない。

兎に角豪雨の凄まじさは嘗て無い程だ、何せ一日に一月分の雨が降るのだから。

2017年7月13日木曜日

真夏日

とっくに梅雨明けの天気が続く、連日真夏日で仕事以外での外出は避けたくなる。
部屋でドライ27℃に設定して、湿気を下げ実際は25℃位に下がるのを快適に、専らTVを観乍ら居眠りが日課になった。

休みでも、ごろごろして半ば眠っている生活が多くなった、夜の睡眠が薄い所為もあるのだろうが、疲れが仲々取れず身体を休めるのが一番気持ちが良い。
身体の筋力が衰える心配があるが齢には勝てない、昔から年寄りは昼間からよく寝てばかりいたが、今の自分が当てはまる。

30℃を超える表に出て、下手に熱中症を引き起こしてもいけない、仕事に出掛けるだけでそう成りそうになるのだから。

只持病の腰の心配がある、腰に疲れを溜めてはいけないが、腰の筋肉を増強するのも必要だ。
足腰の退化は即身体全体の衰えに繋がる、せめて時々起き上がっては部屋で足腰の運動を少々行っている。
走れぬまでも歩けなくなったら終わりだ、精々体力の維持に留意する。

夏が大好きだった、真夏日に海岸を走り海を力一杯で泳ぐ、あの若かりし頃が懐かしい、今では海で日焼けする事も出来なくなった。

2017年7月5日水曜日

台風3号後

昨夜は早々と台風3号が関東沿岸を通り過ぎ、九州四国で災害をもたらしていたので警戒していたが、此の辺は数時間雨が降っただけで済んだ。
今日は晴れ間も出ていて気温は30℃と、相変わらず蒸し暑い日になりそうだ。

梅雨が明けてないのに台風がやって来るのだから、今年の夏も油断ならない天候になりそうだ。
雨が降れば集中的な豪雨になりやすく、その都度被害が心配される。
今日も島根県の浜田市の方は朝から特別警戒情報が出ている、50年に一度の雨量に見舞われると言うから大変だ。

日本は四季があって、夫々天気の移り変わりが激しい、自然の妙を感じる四季だが自然の威力は恐怖だ。
神代から自然と何とかうまく付き合いながら時代を乗り越えてきたが、時代が進歩した此処に来ても、改めて厳しい自然を思い知らされる。

世界では昨日また北朝鮮がミサイルを発射し、其れが更に進歩したICBMと言うので、大騒ぎになっている。
元より日本はうかうかしてられないのだが、新たに如何なる手を打つかと言えば、尋常な事は出尽くしており、精々同盟国や関係各国に避難の声を掛けるしかない。

下手をすると戦争に巻き込まれる可能性大であり、決して極東地域で戦争など起こって欲しくないが、北朝鮮が此の儘の姿勢だと心配せざるを得ない。
対話を進めると言っても、これまで何度もして来た事であり、良い結果が出てないだけに安易には考えられない。

兎に角戦争など起きない事を祈るしかないが、無力なものだと痛感する。

2017年6月22日木曜日

情報取得

昨今の情報取得はインターネットが大いに活用される。
情報提供者は様々で、内容も右左、前後ろ、上下と様々であらゆる見方が提供される。
限が無いので、受け手の能力によって判断しなければならないのだが、決して容易な事ではない。

どう判断するかという情報もまた豊富に入るので、其れも個々人の能力に掛かっている。
面倒ならどれか一方に判断を任せてしまう事も出来るが、心ある人間なら自分で悩み考えなければならない。
限り無い情報は個人の判断を難しくするが、それだけ一方的なプロパガンダに簡単に左右されないとも言える。

昭和の時代までは情報と言えばTVラジオと新聞週刊誌で、情報の取捨選択は其の提供者であるマスメディアが握っていた。
つまりマスメディアが情報管理しているようなもので、個人の判断はマスメディアの思惑に乗せられていたものだった。

社会的風潮はマスメディアの演出に左右される事も有った。
世論さえもマスメディアが創り出していた事もある。
人々はニュースと言うものは事実、真実を伝えているものと信じていた。

其れが不幸な戦争にのめり込んで行く原因の一つになった時もある。
当時のマスメディアが国民を煽るプロパガンダ機関に終始した結果だ。

敗戦後マスメディアは反省ばかりで反転に振れ、自虐的な民主主義を標榜しつつ、平和と平等そして自由を主張する様に成った。
マスメディアでは国も政府も権力の象徴で、其れに敵対する反権力、反体制が幅を効かすようになった。

その記事やニュースは当然恣意的なもので、相変わらずプロパガンダに過ぎないものだ。
装いや方向が変わっただけで、一方的なものである事に変わりはない。
革新とか改革とか左翼とかだけが正しく、まるで革命を目指す党機関紙の様なものまで有る。

一時は皆それが正しい流れと感じた時もあったが、平成に入りPCの普及と共に個人が直接インターネットで膨大な情報収集が出来る様に成って来ると、マスメディアのニュースや記事が必ずしも事実や真実を忠実に伝えていない事に気付き始める。

事件事象が、映像の編集や記事の表現で、夫々のマスメディアの思惑を持って伝えられている現実を個人が把握したのだ。
予てからマスメディアを鵜呑みにしてはいけないとの意見は常にあったが、特に映像や画像で示されるとつい信じてしまっていた。

情報が多く成って来ると判断が増々難しく成って来るが、其れだけ個人の自主的判断が優先される様に成ったと言う事だ。
多方面から情報を取得しつつ様々な考えを廻らすことで、少しでも自分に合った正しい判断、結論を求めたいものだ。

早速、明日は都議選の告示が行われる、選挙に関わる事は重要な判断だ、例によってマスメディアが夫々の思惑に満ちた報道を既に行っているが、こういった選挙にもPCを大いに活用して、個人が少しでも多くの判断材料である情報を集め、より良い選択を行うよう期待される。

インターネットは個人を籠絡したが、マスメディアから個人を解放した。


2017年6月17日土曜日

朝の運動

今朝も羽根木公園で運動ストレッチに行ってきた。
定点、快晴の好天気!
ラジオ体操に参加、朝から人が多いww
青い空と緑が広がる
日月庵方向
昨夕久し振りの酒場で飲み過ぎ食べ過ぎて、夜半に気分を悪くしたが、朝の運動ですっかり解消した。
朝の空気をたっぷり吸い、青と緑に囲まれて身体を伸ばすと、体調も気分も爽やかになるのは道理。
今後も出来るだけ続けよう!ww

2017年6月12日月曜日

父の日

昨夕、一週間前倒しで父の日の食事会を娘達が設けてくれた。
6月18日は自分が遅番の仕事が入っていて都合が悪く、前日の17日土曜は娘が仕事の予定が入っていると言う訳で、結局皆で集まるのが昨日になった。
新宿の有名焼肉店を予約したので、何と先月祝ってもらった筈の母も起っての希望で急遽参加ww。

久し振りの「叙々苑」の味に皆満足しつつ、小心な父は娘にあまり負担を掛けまいと値段ばかり気にしていたが、赤ワインを二杯飲んでからはすっかりご機嫌になった。
滅多に家族全員が揃う事はない、数か月に一度の行事が有ってやっと集まる。

最早皆夫々に独立して自分を生きている、特別な口実が無い限りは勝手に暮らしている様だ、特に父は唯一の男でどうしても孤独と成る。

其れでもこうして偶に集まれることは嬉しい事だ、夫々の生活を大切にしつつ家族の絆を確かめる良い機会になる。
「父は離れていて元気が好い」これが丁度良い距離感なのだ、自儘な自分にもこれが都合が好い。

普段は独り気儘にさせてくれ、勝手にしているのが堪らなく好い、我が儘自堕落な自分の今の生活にほぼ満足している父であった。