2017年11月21日火曜日

冬モード

すっかり冬モードに成った、今日の気温も最低は3.6℃最高10℃足らずと、風があれば寒くてかなわん天気が続いている。
師走も近く疾うに立冬過ぎて明日は小雪、冬の到来と共に今年も愈々暮れて行く。

今朝から仕事に出る際に保温下着上下を追加した、自転車で手袋も欠かせなくなった。
職場では老人共が矢鱈に「寒い!寒い!」を連発する、確かに寒くなったが、当方はそれ程でもない、防寒を心得ているからだが、皆は「太っているからだ」と言って憚らない。笑

だいたい寒がりの人は痩せた人が多いが着こなしが悪い、薄手の物を重ねたり、首元を開けていたり、下着の選択が悪い。
当方は生まれが北海道で防寒には慣れている、寒い思いをしたくないので其れなりにしっかり着込んでいる。
ただ単に数を着ても効果が無い、衣類の選択に耐風保温効果のあるものを自ずと選んで着用しなくてはならない。

夏、暑ければ衣類をつけずより裸に近く風を受ける、冬、寒ければ寒気を通さないもので身体を包む、此れが自分流で簡単な事だ。

其れでも冷える時は、簡易カイロ等上手に使い内側から温める。
寒がりなら其れだけに自ら工夫して備えよと言いたいww。

毎年の事だが、夏は「暑い!暑い!」と連発し、冬は「寒い!寒い!」を連発する、其れが老人集団である。ww
我が儘集団でもあるしょうもない同僚達なのだww。

2017年11月10日金曜日

隣の柿

部屋でネットを見ていたら、外でガリガリと音がした。
窓から見上げると柿の木に登っていた隣の爺さんが、梯子がずれて落ちそうになり木の股に足を挟まれている。

「大丈夫?」と声を掛けると「手伝って!」と困った様子、「其の儘待っていて!」と言って急いで表に回り、隣の庭に入る。
梯子を一旦外して掛け直し、下で梯子を押さえながら無事爺さんを救出。
「すいません!すいません!」と恐縮もケガはない様子で、「気を付けてね!」とホッとして戻って来た。

うっかり忘れていたが当方も腰の持病が有る、焦って助けに行ったが、丁度コルセットをしていたので良いものの油断は出来ない。笑

其れでも役に立った事に満足していたが、早速爺さんが礼に訪ねて来て、採れた柿の実を持参してくれた。
折角なので頂いたが、何時も眺めているが食べた事は無い、楽しみにして先ずは仏に供えた。
此れが隣の庭で出来た柿、5個も頂いたww
「これからも宜しくと!」豪い丁寧な挨拶を受けたが、自分より大分年上なのに毎年柿の木に登っている、小柄だから良いが「お互い齢だから気を付けて」と忠告しておいた。

朝のTVで、今日は良い日だと占いで言っていたが、満更でもない。
整形外科の先生とは世間話で盛り上がったし、帰って来て重要な家事も思い切って終えた、そして珍しく人助けで感謝された。

好い気分で此の儘静かに一日を終えようと思う、明日も休みだし晩酌が美味いだろうなあ!

今日の天気を画像で紹介
朝方は雲が多かった
段々青空が
その内綺麗に晴れ上がった
プラスで世田谷線の電車一枚ww

2017年11月1日水曜日

十三夜

今日11月1日は「十三夜」、”十三夜は晴れ”と謂うが、確かに今夜は雲が所々の晴れで、見事な月が出ている。
満月でなく左が若干欠けたところが風情らしい、不完全の妙をたのしむ先人の粋を感じる。

「十三夜」と聞くと、如何しても樋口一葉に触れたくなる、とても気にしている女性作家で、その短い24年の人生が胸を打つ。
竜泉の資料館や本郷西片の住い跡に残された井戸、近くの明大前に在る築地本願寺堀ノ内廟所の素朴なお墓、皆偶然に近くを訪れて気付いて寄った。

今時の「十三夜」や大晦日の「おおつもごり」になると思い出されて神妙な気分になる。

日頃五千円札で御目に掛かって入る筈だが、しみじみと見ないし彼女は札に似合わないと思う。
後半生をお金の不自由で苦しんだ事を想うと、不釣合いでしかない。
明治期最初の女性小説家として漱石との対比で採用されたのだろうが、漱石が千円で一葉が五千円は何だか皮肉だと思う。笑

其れでも平たく想えば、わずか24年の生涯、しかも今に残る小説を書いたのは晩年の一年半足らずで、お札の肖像に選ばれるのだから大した人なのだ。

只、後世これだけ評判になっても、家族の為に懸命に生き、力尽きて病に倒れた彼女を想うと決して嬉しくない、生きている時にもっと恵まれて欲しかったと思う。

あのひとを想えば辛し十三夜

2017年10月30日月曜日

木枯らし一号

昨日の台風が去ったと思ったら、今日は強い風が吹いた、近畿、関東に「木枯らし一号」と気象庁は発表、何だか秋晴れを満喫しない内に早速冬になりそうだ。

快晴の良い天気だが
風が強い!
御覧の通りの良い天気なのだが、昨日の台風よりも強い風が吹いている。
日本列島が西高東低の気圧配置になり、昨日の台風22号が北の方で爆弾低気圧に成った所為らしい。
日が照っても北風が頬に当たる、体感はかなり冷えた。

十月も終わり瞬く間に冬の気配、今年は腰の不調で豪い苦労したが、寒さに対してしっかり対応する様心掛けねばならない。
今年の冬は厳しい寒さが予想されるからだ、年取ったし朝晩が一層辛くなる、精々用心して暮さねば。


2017年10月28日土曜日

またもや

先週の土曜に台風21号接近の話題を書いたが、またもや台風の話になった。
続いて22号が接近している、今は沖縄辺りだが、前線を刺激して既に東京も雨に成っている。

明日午後に勤務シフトが入っている、丁度台風が関東に接近する頃で、19時過ぎに仕事を終える時分には相当荒れた天気になっているだろう。
自転車で通勤しているので雨や風に弱い、雨合羽が嫌いだが着て行くしかない。

晴れ男のつもりでいたが、近頃其の神通力も通用しなくなった。
シフトに合わせて丁度旨く悪天候を免れていたのだ。
ご先祖様なり神様仏様なりが、自分を御守り下さるのだと、勝手に悦に入っていたが、すっかりパワーが無くなった様だ、身体を悪くすると弱り目に祟り目となるのか。笑

兎も角明日の出勤は雨確定で、傘なしでレインスーツを着込んで走る、帰りは予報によると相当激しい風雨に成るらしいから、注意してペダルを踏まなければならない。
出勤する事が仕事の半分と言えるアルバイトなので、早寝早起きと通勤だけは気を遣わなければならない。

お金を得るのに楽な事は無いが、仕事に出るようになって矢鱈天気が気になる様になった。
普段からしょっちゅう天気予報をチェックしている、昔は朝の予報か、夜に翌日の天気を聴くだけだったのだが、年齢もあって天気予報は欠かせない。

明後日の昼には過ぎ去ると言うが、全く人騒がせな台風の連続だ、雨量が多いので被害が出ない事を願う。
此の台風で終わりとは行かないらしいが、今後列島には近づいて来ないで欲しい!

2017年10月21日土曜日

10月の台風

此の処雨降りが続いているが、明日から月曜は台風が近づいて、大荒れの天気になる様だ。
明日の衆議院選挙の投票に影響しそうだが、当方は期日前投票が専らなので昨日済ませている。

10月の台風は過去大きな被害を出しているらしい、大型の非常に強い台風に発展するからで、全国的に警戒しなければならない。
こんな時期に油断ならないものがやって来るとは、極めて不愉快で心配でもあるが、個人的には今日の早番を終え、買い物を済ませて、明日明後日と部屋に籠りっきりになりそう。

明日の開票速報が楽しみなのだ、刻々と当落を確かめつつチャンネルを変えて情報を比べる。
其れも晩酌をしながら、他人の当落を肴にして悦に入る。
選挙に行かない人も開票速報は好きらしい、様々なドラマがそこに在るからだろう。

外は嵐でも雨戸を閉めてTVに噛り付くww、妙なオヤジだ!

2017年10月13日金曜日

寒くなった

急に寒くなった、昨日は29℃だったが今日は15℃、身体がついていけなくて体調管理が大変だ。
冷たい雨も降っており心もふさぐが、外は選挙カーが来て騒々しい、衆議院選挙真っ最中なのだ。

北朝鮮からの危機が間近になり、この先衆院任期満了迄解散どころではなくなると見て(勿論政治的打算も有るだろうが)、安倍総理が俄かに解散に打って出た。
本来なら森友・加計問題で、遂に解散に追い込んだと野党が喜びそうなものだが、今の野党は「大義なき解散だ!」等と己の不首尾を棚に上げて文句を言うばかり。

野党第一党が分裂し、この機を見て立ち上げた小池新党に合流する者、合流出来ずに左翼新党を結成する者、取り敢えず無所属でこの後の流れを見る者、と瞬く間に変わってしまった。
元々解党して出直すべきと言われたが、遅まきながら遂に他力でそうなった。

此の調子ではおそらく与党の勝利になるであろうが、政権批判、しかもスキャンダラスな一部メディアと結託した批判ばかりで、政策論議や提案の無い万年野党が更に分裂したのだから当然だ。
増してや議員の地位を堅持する為に矜持無く、形振り構わず立ち回る輩が殆どで、国民を甘く見てはいけない、必ず当然の結果が出てくるものだ。

かと言って与党が素晴らしい訳でも無い、敵失が有っても楽な選挙にはならない。
経済の好転の実感が下々に伝わっていない、物価が上がるばかりで生活はむしろ苦しくなっている者が多い。
「何とかしてくれ!」と思いつつ、国民経済と世界情勢から、当面は政治の安定を望んで、取り敢えず与党に投票するだけなのだ。
図に乗ると即国民の鉄槌が下される状況なのだ。

季節だけでなく世界情勢も国民生活も、そして我が懐もお寒い状態になっている。
何とか今を脱して、先行き良く成る様にしてほしいものだ。

今、特に朝鮮半島情勢からは目が離せない、何時戦争になってもおかしくない所に来ている、アメリカは最早本気で準備している、金正恩が次にICBMを発射すれば取り返しがつかない。
正に一触即発、開戦となれば日本国民も災難に遭う懼れ大だ、ギリギリのところで何とか回避したいが、其れは北朝鮮が態度を変えるのを期待するしかない。

2017年10月1日日曜日

涼しい!

朝晩すっかり涼しくなった、デブになって暑がりに成った者としては嬉しい限りだ。

今日から10月、早いもので今年も後三か月、此れは近年当たり前の事で、齢を取って一日があっと言う間に終わる様になった。
只、近頃は70代80代に成らないと「年寄り」と言わなくなりつつあるので、此の後その「年寄り」の年代に成れば一日がもっと早くなるのだろうか。

年寄りの所作や生活ぶりを見ていると、決してそうは感じないが、本人の感じ方は如何なものか分からない。
近々分かる様になるだろうから、どうでもよいことであるが。

秋晴れに秋風があって秋深し、日曜の長閑な正午、子規でなくとも近隣が気になるが、実は近くの敷地が建物解体の後の土木工事中で、休日の今日もユンボ車のエンジン音が煩くて、決して穏やかではない。
余程の事が無ければ文句など言う気はさらさらないが、日曜位は仕事を休まないとスタッフも大変だろうに、期限に迫られているのだろうか。

好天だし騒音逃れに出掛けようかと思ったが、明日から約二か月ぶりに仕事に出るので、なるべく動き回って身体を使いたくない。
下手に何処か痛めたり疲れたりして、明日からの出勤を台無しにしたくない、当分まめに仕事を続けなければ申し訳が立たない。

斯くてエンジン音を気にしながら、今日も部屋でPCやTVで暇を潰している。笑


2017年9月26日火曜日

解散

秋晴れで涼しくなった割りに実際は日中暑い、仕事を休んでいるので部屋に居る事が多いが、日当たりが良い所為かまだまだ冷房を点けたくなる。
涼しいのは朝だけで、日が沈んでも此の部屋は暑い、晩酌で熱を持つと冷房を点けなくては我慢ならん。

太ってからすっかり暑がりに成ったので、室温25℃位では我慢出来ず空調を点けてしまう。
只寒さにはかなり強くなった、職場の痩せた爺共が寒がっても、当方は平気な事が多くなった。笑

腰の具合は随分回復して来月から職場に復帰する、先日医者にも確認してデスクワークから始める事になっている。
当然にコルセットは外せないが、重い物を持ち上げるなど、腰の椎骨に負荷を掛けない様にすれば、何の動きも問題ないらしい。

先ずは順調な回復にホッとしている。
かれこれ一月半過ぎたが、新たな経験をしたものだ、当分コルセットを必要とするが、春のヘルニアと言い、我が人生は今後腰がネックになる事を痛感する。

昨日安倍首相が、衆議院の解散をTVで表明した。
今でないと今後タイミングが無くなると言うのが本音だろうが、北朝鮮情勢が緊迫化しているので、この先の事を考えると改めて国民に信を問うておきたいのだろう。
素人考えでも、数か月内に戦争状態が勃発する恐れがあると心配される。

斯くてメディアは選挙モードに入った、小池都知事が安倍首相の発表に先立って、新党立ち上げを発表するなど、民進党は野党連携だのと喧しい。
相撲が終わって退屈に成っていたが、北朝鮮情勢と解散総選挙で暫くは退屈しのぎに成る、但し北朝鮮の事は油断ならない事だが。

秋の夜は虫ならずとも喧し

2017年9月23日土曜日

おはぎ

めっきり涼しくなった、今日は彼岸でおはぎを買って仏壇に供える、甘党の父や母が喜んでくれると思う。
手づくりのおはぎで美味しそうだから、賞味期限の明日夕方まで供えた後頂くが、甘辛両党の自分なので楽しみだ。
只、近頃餡子を食べると胸焼けが酷くなっている、二個一遍は如何だろうか、おはぎ次第でもあるが。

墓参りは明日の予定で、多分一人で行く事になると思うが、構いやしない。
娘達は個々の予定が優先で、自分も若い頃はそうだったからしょうがない。
何れ歳取ったら彼女等も年に数回の墓参りをするようになるだろうか、自分の後は如何なるか分からないが、気にしない様にしている。

兎も角は、明日ご先祖の皆様にお参りして己の務めを果たそう。


2017年9月17日日曜日

秋雨

昨日午後から雨になった、九州へ上陸しそうな大型の台風18号が、秋雨前線を刺激して東京も天気が悪くなった。

丁度昨日今日と、此の辺は秋祭りシーズン、世田谷八幡宮例大祭が行われているが、この天気じゃ神社へ行く人も減るだろう。
神輿を担ぐ人は、雨なんか平気でやるだろうが、盛り上がりはいま一つとなる、何せ観衆が少ないと張り合いが無くなるものだ。

先日彼の国がまた核実験を強行し、更にはミサイルを日本を越えて発射した、増々日本周辺の情勢は怪しくなっている、結局戦争にはならないだろうと願っているが、決して安心は出来ない。
彼の国の若い首領が、何を考えているかは知れたものではない、予想外の事が起こっても何の不思議もないのだ。

戦争になど巻き込まれるのは御免蒙りたいが、此方が主導出来る事でないだけに、アメリカや中国、韓国、そしてロシアの出方を見ながら行動するしかない。

国連は相変わらず何の力も発揮出来ない、中東紛争やテロ対策等でも同じ様に機能してない、難民救済や人権保護、弱者への援助活動を行うだけの機関に成っている。

何事も国連中心で平和的に解決すると、嘗て誰かが言っていたが、所詮国連が如何なる成り立ちか分からず、お花畑の考えでしかなかった。
まあ、弱者救済機関として、文化環境保全機関としての国連でも当方は了とするが。

どうやら今月末の国会開会と同時に衆議院解散となりそうだ、来月下旬の選挙となるが、こうなったら早く決着をつけて、難しい問題が山積みになっている事に専念してもらいたい。
個人的な事やゴシップの善し悪しに左右されず、大所高所から国の行方、経済の行方を議論し政策を実行して欲しいものだ。

肝心の我が方の体調は、腰はコルセットで保護して安静にし、一日おきに通院しているので異常無いが、仕事もしないで専ら部屋で、食っちゃ寝を繰り返した結果、先程風呂上がりに体重を測ると増えてしまった!!
減らさなければならないのに増えてしまった、部屋に籠るのがいけないし食べるのがいけない、矢鱈楽して寝てしまうのがいけない。

コルセットをしてるとつい横になりたくなる、座って居るよりその方が楽なので・・!?、頭を抱えているが、根が自堕落な者だからこうなってしまった。

今日から減食します!!、減量を宣言します!外に出て歩きます!(天気良ければ・・)

さていかなる事に成るかやww

2017年9月9日土曜日

九月九日

数日来九月九日が危ないと言われて緊迫している。
何かといえば北朝鮮の建国記念日で、昨年は此の日に核実験を行ったので今年も何かするだろうと言う事だ。

相変わらず彼の国の動向に世界が振り回されている。
場合によっては一触即発の懸念がある、当然日本も巻き込まれざるを得ないし、参戦しなければならないかもしれない事態も有り得る。

これほど物騒な事が戦後日本に在ったか?
経済危機に見舞われることは有っても、自らが戦争に巻き込まれる様な事態は無かった。
イラクに派遣したと言っても他所事で、体裁だけの事であった。

今は違う、極東の平和と安全が壊れようとしていて、日本も当事者であり、彼の国は公然と日本を敵視して攻撃対象にしているのだ。

第二次大戦後も各所で戦争は有ったのだが、日本は幸いにも関わりが殆ど無く、アメリカや国連経由での平和維持活動への協力を行う程度で済んで来た。

何時の間にか国民は戦争などあり得ない、攻める事も攻められる事も無く、武力を否定して平和を只管願えば叶う。
全ては話し合いで解決すれば良い、外交は対話で済む、武力紛争になる筈がない。
何国も攻めて来る訳が無いと思っていた。

そんな処に、隣で核実験が行われ国土の上をミサイルが飛ぶ事態になって、他人事と済まされない戦争の危機を皆感じ始めた。
左巻きの人々でさへも反戦反核だけ唱えていられなくなっている。

様々な議論推論が活発だが、彼の国を止める決め手が無いのが現状だ。
いざとなってアメリカが彼の国を潰すのは容易かも知れないが、そんな事に成れば我が国も只では済まない。
尋常でない火の粉が降りかかって来るし、下手をするとミサイルを撃ち込まれるかもしれない。

庭でツクツクボウシが鳴いている、本来は静かな秋が深まって行く筈なのだが、世情は騒然として心も落ち着かない日々になっている。

何とか無事に日々通り過ぎて行けば良いのだが、当分そうは行かない様だ、彼の国の彼が一体如何しようとしているのか?其れが判らないだけに不気味だ。

2017年9月5日火曜日

核実験

朝起きて20℃、掃出し窓を開け放つと虫が鳴いている、風があって涼しい。
只今は25℃に上がったが、晴れとなって風の所為か湿度の割に快適だ。

腰の具合は、コルセットをしながら一日おきに通院して、理学治療と主治医による整復術を受けおり、痛みは無く、余分な負荷を掛けずに回復するのを時間を掛けて待つばかり。

散歩したり買い物に出たりして、なるべく歩くようにしているが、どうしても運動不足気味になり、減量を心掛けてもさっぱり効果が無い。

兎に角食べない様にしようと思っても、暇に任せてつい手が伸びる。
根が空腹恐怖症で、飢えが極端に怖い人間なので、我慢が足りないのだ。笑

笑っている場合ではないが困ったものだ。

ところで、困った事がもう一つ在る、北朝鮮の彼の暴走、ICBMを日本越えで発射したかと思えば日を待たず水爆実験を行った。

詳細は既知の事として省くが、限の無い危機のエスカレートが続き、極東情勢は軍事衝突寸前の様相を呈している。

首領キム・ジョンウンの悪あがきは世界を脅かしている。
我が日本も専守防衛だから等と安心して居られない、完全に巻き込まれているからだ。

今年は大変な年になると、年末から年初に掛けて予想されて案じていたが、ISのテロに続いて北朝鮮問題が深刻化している。

弾道ミサイルも核兵器も彼に持たせてはいけない、己の存続の為には人民も他国民も容赦なく切り捨て(身内すら次々処刑されている)、手段を択ばない遣り方は現実のものだ。

斯くてミサイルも核爆弾も開発し、彼の手の内に完成度が低かったとしても有ると言う事は、いつ何時その災難に遭わされるか知れた事ではなくなった。

「如何しようか?」と考えても、我が方の手段は限られている、先ずは暴挙を非難し圧力と対話の圧力を上げるしかない。
圧力も経済制裁しか方法は無く、精々国連の場で動き回るしかない。

軍事的な事はアメリカ頼みの国だから、総理が大統領と連絡を密にして行くしかない。
弾一発撃ち込まれて被害が出るまで自らは何も出来ない、各国の信義に頼る「平和憲法」なのだから、ならず者国家が出現しても手出し出来ない。

今は戦争にならない様に願うのみと言う、情けない状況に居る我々だが、何が起こるか分からない世界情勢の中、自国の憲法を真剣に検討する必要がある。
護憲とか守憲とか、左巻きのイデオロギスト達がメディアやデモで叫ぶのは、もう昔の事にしたいものだ。

現実に立った我々の憲法を考え変えて行くに如くは無し

2017年9月1日金曜日

長月

九月になった、陰暦の「長月」、今日は「二百十日」である、夜が長くなりそろそろ稲刈りシーズンに入る頃、台風がやって来る頃でもある。
急に気温が下がり25℃以下が二日続いているが、途端に秋風が吹いて朝晩虫の声も聞こえ、雨の多かった蒸し暑い八月が飛んで行った。

起きてる時はコルセットを着けるので涼しくなるのは大歓迎、医者に言われて以来散歩もしているので、このところ夕方に拘らず出来る。
腰の椎骨に骨折がある等言われて、驚いて安静にして殆ど部屋で過ごしていたが、先日先生に質問したら「大いに歩いて動きなさい」と言われた。

コルセットは動く為にしているとの事、物を持ったりして腰に負荷さえ掛けなければ、むしろ動いた方が良いらしい。
本人も此の儘だと脚力に不安が生ずると思っていたので、得たりとばかり良く身体を動かすようにしている。

今日は午前の通院の後、散歩がてら新宿まで出掛け、「北海道物産展」など覘いたりして西口のデパートを歩き回った。
それで気づいたが、本屋での立ち読みが一番腰に来る、本を持って立って居ると他人より長いので、腰の辺りが固まって来る気配を感じた。

つい夢中になって30分や一時間その場で読んでしまうので、移動しても一、二時間は立ち読みになってしまう。
今日は腰の異変に敏感になっているので、此れまでと違い腰の負担を感じた。

立ちっ放しだから腰に疲れが出ても当たり前と思っていたが、実は人一倍負荷が掛かって居た様だ、痛みやしびれが発生するのは可疑しいのだ。
極力座るなりして腰を休めなくてはならなかった。

まだまだ当たり前だが分からない事が多すぎる、今更先の事を考えても仕様が無いが、残された時間が少ないのが残念だ。
やりたい事知りたい事が増える一方で、寿命がどんどん減っている。笑

今後は健康寿命だけを意識して行くつもりだが・・。


2017年8月27日日曜日

今空、8月27日

先程外へ出た際に空を写した、昨日までと違いかなり気温が下がって過し易い。
朝は虫の声が聞こえたし、秋風も立って、猛暑が終われば早速秋の様子。

晴れた空に秋風が
表に出て見ないとこの青さが分からない
長雨の夏だったが、其の後猛暑が戻ったかと思いきや、一週間もせずすっかり秋モードの天気になった。

当方は八月中旬から安静生活になってしまい、夏を楽しむ事無く過ぎてしまった。
この夏もそれなりに印象に残る夏に成るだろう。

秋風に我が夏もはや失いし

2017年8月26日土曜日

猛暑復活

八月に入ってずっと記録的な雨日が続き、日によっては二十数度と10月陽気で肌寒い日もあったが、今週になって真夏日となり猛暑が復活した。
雲が多く快晴の日は一日ほどだが、処暑となって秋風が立ち始める頃に暑さが戻った。

安静中の当方は、医者通いと表のスーパー以外は外に出る事も無く、専ら空調の効いた部屋で楽に過ごしているが、仕事の人は大変だろう。

腰の具合は痛みや痺れは無く、コルセットを着けているので多少動きが制限されるが、安心して生活出来ている。
一日おきペースで医院に通い、電気治療と整体術を受けているが、少なくとも二か月は掛かると言われてから、アルバイト仕事を長期休日にして、覚悟して毎日大人しく過ごしている。

何度も謂うが、「一寸先は闇だ」常に何が起こるか分からない、「諸行無常」の世界に居る、慌てず騒がず甘んじて受け入れるしかないのだ。

とは言え、恐ろしい痛みが発生した時はそうも行かなかったが、笑。

今回のMRI検査で更に明確になったが、我が腰はかなり複雑な事に成っている。
今後死ぬまで気遣いながら巧く付き合っていくしかない様だ。
まさに腰は要なので気が重くなるが、此れも我が業と諦めていくしかない。

蝉鳴いておのが残暑は夢の中

2017年8月21日月曜日

コルセット

腰のコルセットが出来上がり、早速ギプスを外して装着する。
過去に別の理由でコルセットの厄介になった事があるが、今回はギプスの後だけに感慨一入だ。
何せ活動し易いし肌に擦れるのが殆どないので、違和感がまるで違う。

ギプスは固めて固定しているだけなので、痛みが取れて助かったのだが、如何せん身体を動かせず取り外しが出来ない。
此れでやっと、外して風呂に入る事が出来るし着替えも出来る。
寝る時は腰に負担が掛からないので、外して楽に眠る事が出来る。

今日は午前に歯医者、午後から三軒茶屋の保健センターでMRI、夕方4時半に通院中の整形外科で業者持参のコルセットを装着と、忙しい思いをしたが結果オーライ!で好い一日に成った。ww

先生が暇の様なので、ホッとして長話をさせてもらったが、年齢を聞いてびっくり!、こちらの予想より10歳上であり、最早仙人の域に達したかと思われる言動に感動した。
何かの巡り会わせと感心していたが、増々その意を深めた。
腰に関しては時間も掛かることなので、此の後もずっとお世話になろうと決心した。

まだまだ世の中には会ってみないと分からない事も人も多い、心して生きて行こうと再認識した次第である。


2017年8月20日日曜日

此れでよいのか?

半強制的に安静の日々となって十日になろうとしている。
痛みが安らぎ、腰を固定して専ら安静に過ごしていると、日頃気付かない思いに駆られる。

春に腰椎ヘルニアで同じく一月余り仕事を休んだ時は、仕事や収入、反省とリハビリ等、極めて現実的な事ばかり考えていた。
痛みさえなくなれば直ぐ良くなると謂う思いと、大して時間が掛からないから久し振りの休憩だと思い、医者の意見もあってなるべく体を動かすようにしていた所為だ。

己自身を振り返るまで至らなかった。
精々昨今の生活習慣を見直し、専ら身体の再点検を意識するばかりであった。

今回は何故か違う、初めて骨折などした所為か、数か月掛かると言われ、固定して腰に負荷を掛けない生活をする中に、活動に制約がある分、想いばかりがゆったりした時間の経過に浮かんでくる。
じっとして読むか聴くか観るかしてるだけなので、飽きると目を閉じて眠るか物思いに耽るしかない。

その内この年頃だから、これまでの人生を振り返り、これからの人生を想う様に成って来た。

此の処生活が安定してきた、家族との付き合いも普段の事、趣味や嗜好に毎日思いを馳せながら、当たり前に過していたが。
果たして何時の間にか、長くも無い己が人生を想う事が無くなっていた。

其れでも構わないのであるが、今改めて数か月の猶予が突然与えられ、只管身体は安静にして自由なのは意識だけとなると、日常の生活を想うのは数日でネタ切れとなり、非日常の想いに入って行く。

「此れでよいのか?」、「此の儘でよいのか?」、「これから如何に往くべきか?」、何か忘れていないか、此れからでもやるべきことが有るのではないか、何かできないか、つれづれに想う此の処である。

2017年8月18日金曜日

台湾旅行

昨日次女が来て、午前の医院で取り外し可能になったギプスを脱ぎ、軽く風呂に入って体を洗い、再度ギプス固定してもらった。
前日友人の誕生パーティーで飲み過ぎたらしく、予定よりだいぶ遅れて来たので気を揉んだが、お蔭で大助かり!。

とても独りでは如何もならぬので、家族の助けが何よりだ。
姉は午後半休で自由が丘の美容院を予約済で、来れても夕方になると言うので、妹の方に頼んだ。
二人は今朝から台湾へ旅行に行く予定になっていたので、準備で忙しい中であった。

先程無事台北に着いたと連絡が有ったのでホッとしているが、娘が海外へ行くと聞くと毎度心配性の父は帰るまで気を抜けない。笑
男の子ならばこんなに気にしないだろうが、娘は幾つに成っても心配だ。

3泊4日、今朝7時過ぎ羽田発だから出発からして若者らしい、4時半頃タクシーを予約しといて羽田へ向かうと言っていたが、前夜は殆ど寝ないらしい。
始発電車じゃ間に合わないので、空港近くに泊まる方法もあるが、前日が忙しいので早朝のタクシーにしたらしい。

羽田まで1万円位掛かると思うが、ホテル代が出ちゃうので暇な自分ならホテル泊まりだが、予約を取るのも大変だし高い部屋しか空いてないのだろう。
ゆったりのスケジュールよりも活動に不安の無い彼女等は、飛行機で眠ればそれで良い様だ。

若い内に海外を旅するのはとても好い事だ、自分んも二十代は仕事の関係もあってよく出掛けた。
アメリカにせよアジアにせよ日本以外を体験しておくと、その後の考えや視野に拡がりが違う。

今回は中華台湾で、前回のシンガポールよりも近いし治安に問題ないと思うが、無事羽田に帰って来たと聞く迄、娘たちの事が頭から離れない安静中で暇な自分。笑

それにしてもよく行くよなあ、年二回ペースだわ!笑

2017年8月16日水曜日

圧迫骨折

今月に入ってから腰痛がきつくなっていたが、12日の土曜朝、急遽診てくれる医院を探して必死で訪ねた。
春にヘルニアで通ったクリニックは夏休みで連絡取れず、近隣で唯一診察の了解を得られた整形外科医院。
痛みに苦しむ当方の事情を医師が理解してくれ、限られた時間内でもしっかり対応してくれた。

診断は第二腰椎の圧迫骨折、ヘルニアとは違い確かに下半身の痺れや痛みは無く、腰部全体の痛みに発展していたが、予想外の病名に愕然とする。
骨粗しょう症とは未だ縁遠く思っていたが、ヘルニアが一旦治った後、知らず知らず腰に様々な負担を掛けていた。
つい力に任せて重い物を持ったり、鍛えるつもりで腰に負担を掛けたり、相変わらず体重を減らすことなく重い上半身を弱った腰に支えさせていた。

どの瞬間に発生した訳では無い、腰椎と腰椎の間が狭まっている中、内側の角から擦れて一部が骨折した様だ。
レントゲンでその部分に炎症も発生している説明を受けたが、先ずギプスで胴を固定して骨が固まるのを待つしかないと言われ、痛みさえ軽減されるなら何とでもして下さいと哀願。

時間外にも拘らず親切な老先生は(かなり年上)若干遠い耳をそば立てながら、看護師とお孫さんの受付嬢(後で知った)を交えて三人がかりで、電気治療で痛みが軽減して立つ小生の肥満した胸から腰を、常人の倍の材料が必要と冗談交じりに言いつつ、しっかりギプス固定してくれた。

お蔭で帰りは痛みから粗解放され、この上ない感謝を申し上げる程に。
医院まで数百メートルを必死で行った事を忘れる帰り道、当面の必需品を表のスーパーで購入する余裕も生じる。
二三か月掛かると言われたが、固定して余りにも楽になったので信じられないくらい。

昨15日は、夏休み中だが9時半に来院予定の患者がいるとのことで、同時刻に来院して良いとの許可を受けていた。
調子に乗る悪い癖が出て左の腰に少々痛みが出てると告げると、極力安静にしていなさいと注意される。

明日17日にギプスを外してオーダーコルセットの採寸をし、其の後は入浴出来る様包帯固定にしてくれると言う。

今回の件は先日報告済だが、急遽娘に入浴後の再包帯固定に来てくれることを頼んだ。
娘二人は明後日朝連れ立って海外旅行に出掛ける、忙しい中だが介助に来てくれるのが嬉しい!

当分仕事は無理だし、観念して安静に日々過ごす決意をしたところだ。
常に一寸先は闇だが、この過も福と成るよう願うのみである。

2017年8月11日金曜日

お施餓鬼

八月十日は毎年菩提寺で施餓鬼会が行われる、檀家の我が家にとっては欠かせない行事で、日頃菩提寺との付き合いが薄いが、この行事だけは家族の誰かが必ず参加して来た。

母が熱心だったので其れを引き継いだ形だが、夏の盂蘭盆の時期になると連れだって参加する様にしている。
菩提寺の行事に顔を出すのは、地元で無い所為もあるが、この会くらいだ。
後は檀家として年々の護寺会費や初穂料は送金で済ませている。

お彼岸の墓参りなども、勝手にお参りして帰ってくる。
時に墓の掃除の後のゴミの処分に困り、寺に丁重に挨拶して預けてくる位なものだ。 

今回も次女が同行してくれたが、二人で小旅行気分で楽しんでいる。
往きの途中乗換の藤沢駅で駅そばを食べたり、帰りの電車でボックスシートの席を探し、施餓鬼会で頂いた助六寿司の折詰を旅気分で食す。

墓参りも当然するので、務めを果たした充実感もあって、時間の余る午後の復路は大抵寄り道をする。
江の島や鎌倉を散歩したり、今回のように長女と待ち合わせて横浜で食事したりする。

きっと先祖様のお導きが在るのだろう、好い一日が過ごせて何よりだ。

此の処腰痛が再発して心配したが、何とか例年の行事を無事終えてホッとしている。


2017年8月7日月曜日

台風5号

台風5号が日本を縦断している、現在和歌山県に上陸して北東に向かっているが、今夜から明日には関東も影響を受ける。

明日は早番で6時頃雨が止んでいるかどうか気になる。
風は平気だが雨だと合羽を着ての自転車通勤、暑苦しく鬱陶しいし、何せ着替えが面倒だ。
東京は明日正午頃で天気は落ち着きそうだが、10分足らずの通勤が兎に角気掛かり。

近頃の低気圧は、雨雲が発達して猛烈な降りになる。
それで水害が多発している、頻繁に起こるので珍しくも無くニュースに慣れてしまった。
自分の所は若干高台で全く水害の恐れはないので、他人事と考えればその通りになる。

だが、昔から川の近くや海の近く、山の近くや崖の下に家が在って住んでいる人はそうは行かない。
此れまで大丈夫であっても、最近の雨量で危険な地域になってしまう。
想定外の事が此処でも起こっているのだが、仲々危機感が湧かないのは長年の習慣が災いしている。

まさかが当たり前のこととして起きる、備えと非難は兎に角早目が良い、無駄になっても取り越し苦労でも良い、災害に遭わない様にするに越したことは無い。

2017年8月1日火曜日

八月

八月一日となった、日々当たり前に時は進んでいるので、考えに耽る暇無く生活に追われているが、八月は個人的に特別な意味がある。

夏が好きだが、八月は北国生まれの自分には真夏の象徴月として今も感じる。
東京では七月が真夏で八月は土用になるが、夏の思い出は八月に集中しているので、八月を迎える度に「ああ!真夏になった!」と感動する。

今は暑さにすっかり弱くなったが、若い頃は寒さよりも暑さに強く、真夏でも大して汗を掻かず、好きなTシャツと短パンで専ら外で過ごしていた。
残念乍ら近頃は、暑さに直ぐ意識が薄れ眩暈がしてくるww。
脱水症対策をしていても我慢ならず、冷房に頼りっ放しの生活になった。

其れでも若い頃からの思いは変わらず、八月になると妙に嬉しい。
台風さえ来なければ晴天が多く、世の中も活発な時期である。
お盆と言えばやはり八月の旧盆の方がそれらしい、田舎生まれだし墓の在る神奈川のお寺は八月がお盆の所為でもあるが。

自分の場合、何よりも原体験に冬場の寒さと雪に閉じ込められる閉塞感が有る。
天気の良い夏は(北海道は丁度良い暑さだった)、好きな様に外に出て活発に過ごせるし薄着で平気だ。
コートもヤッケもセーターも要らない、シャツ一枚で良い。ww

周りを見れば自然は緑に溢れ、空は青く、生物は皆元気!
時に降る夕立さえ一瞬の事で清々しい!
ああ!夏だ!八月だ!

但し、年老いた皆様、日焼けにはくれぐれもご用心を・・www!

2017年7月26日水曜日

早寝早起き

未明から雨が降っている、夕方まで小雨が続きそうだ。
休日でも5時頃目が覚める、早番の習慣が身に付いて、昨夜の飲み会の後なので、もう少しゆっくり眠っていたいのだが、結局起きてしまう。

明日は復早番なので、この習慣を変えるのも困るし、夜早く床に着けばよい話だ。
どうせ朝食の後出掛けなければ、つい転寝してしまうだろうし、寝不足を気にする必要は無い。

シフトの関係で4分6くらいで早番の方が多い、遅番出勤は何ら気を使うことは無いが、早番は寝過ごしたら大変だから、早寝早起きの習慣を変える訳にはいかない。
更には齢の所為で自然に早寝早起きが普通に成って来ている。

連日の猛暑だが、今日は若干気温が下がり日中も30℃を超えないらしい。
只湿度は相変わらずで、雨の所為もあるが湿気には悩まされる。
からっとした夏の暑さには強い心算で、陽を浴びることも厭わない昔の自分があったが、近頃の蒸し暑さにはまいる。

斯くて出不精になり、部屋で過ごすことが多くなる、エアコンをドライにしてゴロゴロ過ごすのが堪らなく好いww。
何時の間にやら夏の過ごし方がすっかり変わってしまった、此れも齢の所為にするか・・。

2017年7月18日火曜日

所々で豪雨

今朝はストレス解消もあって、羽根木公園で例の朝トレを行い、帰ってシャワーを浴びてすっきりした。
腰の具合もまあまあなので、出来るだけストレッチや体操ウォーキングで鍛える必要がある。

健康に身体を動かすと言う事は大切で、今後も出来るだけ行うつもり。
体調は何とか維持されて生活、仕事に支障が無く過ごせるのはありがたい事だ。

朝の公園画像:

早朝は曇り空だった、定点の野球場
並木道、朝でも人が多い
予報は正午には晴れだが
ところで先程14時過ぎから雷がゴロゴロ鳴りだし、あっと言う間にどしゃ降りの雨と成った。

降る前の空の画像:
雷が鳴り出した
今にも降りそう
そしてどしゃ降りの雨と成ったのだが、直ぐに道路端が川の様に水が流れ、地盤の低い地域は大変な事になりそうな心配があった。

一時的な豪雨で最早この辺は止んだ様だが、竜巻注意報が出ており(大雨注意報も出ているが)、積乱雲が発達すると復降るかも知れない。
今は窓から日差しが入り込んで来た、この辺はもう降らないのか?!

先日の北九州地方の豪雨災害が未だ収束して無いが、その後北海道、東北、今日は新潟県と猛烈な雨が各地を直撃、被害が出ている所もある。

夕立どころでない、ゲリラ豪雨等とも謂うが、其れが半日一日続くと大変な災害になる。
北海道帯広や札幌で今月35℃以上の気温になったが、日本中の気温も雨も熱帯性を帯びてきた。
単純に地球温暖化等と言うつもりはない、だが此の十年二十年で気候が変わってきている事は事実だ。

個人的にはとっくに梅雨明け宣言しているが、気象庁の宣言も近々の様で、これから本格的な夏が続くが、高気温と豪雨には用心していて悪くない。

兎に角豪雨の凄まじさは嘗て無い程だ、何せ一日に一月分の雨が降るのだから。

2017年7月13日木曜日

真夏日

とっくに梅雨明けの天気が続く、連日真夏日で仕事以外での外出は避けたくなる。
部屋でドライ27℃に設定して、湿気を下げ実際は25℃位に下がるのを快適に、専らTVを観乍ら居眠りが日課になった。

休みでも、ごろごろして半ば眠っている生活が多くなった、夜の睡眠が薄い所為もあるのだろうが、疲れが仲々取れず身体を休めるのが一番気持ちが良い。
身体の筋力が衰える心配があるが齢には勝てない、昔から年寄りは昼間からよく寝てばかりいたが、今の自分が当てはまる。

30℃を超える表に出て、下手に熱中症を引き起こしてもいけない、仕事に出掛けるだけでそう成りそうになるのだから。

只持病の腰の心配がある、腰に疲れを溜めてはいけないが、腰の筋肉を増強するのも必要だ。
足腰の退化は即身体全体の衰えに繋がる、せめて時々起き上がっては部屋で足腰の運動を少々行っている。
走れぬまでも歩けなくなったら終わりだ、精々体力の維持に留意する。

夏が大好きだった、真夏日に海岸を走り海を力一杯で泳ぐ、あの若かりし頃が懐かしい、今では海で日焼けする事も出来なくなった。

2017年7月5日水曜日

台風3号後

昨夜は早々と台風3号が関東沿岸を通り過ぎ、九州四国で災害をもたらしていたので警戒していたが、此の辺は数時間雨が降っただけで済んだ。
今日は晴れ間も出ていて気温は30℃と、相変わらず蒸し暑い日になりそうだ。

梅雨が明けてないのに台風がやって来るのだから、今年の夏も油断ならない天候になりそうだ。
雨が降れば集中的な豪雨になりやすく、その都度被害が心配される。
今日も島根県の浜田市の方は朝から特別警戒情報が出ている、50年に一度の雨量に見舞われると言うから大変だ。

日本は四季があって、夫々天気の移り変わりが激しい、自然の妙を感じる四季だが自然の威力は恐怖だ。
神代から自然と何とかうまく付き合いながら時代を乗り越えてきたが、時代が進歩した此処に来ても、改めて厳しい自然を思い知らされる。

世界では昨日また北朝鮮がミサイルを発射し、其れが更に進歩したICBMと言うので、大騒ぎになっている。
元より日本はうかうかしてられないのだが、新たに如何なる手を打つかと言えば、尋常な事は出尽くしており、精々同盟国や関係各国に避難の声を掛けるしかない。

下手をすると戦争に巻き込まれる可能性大であり、決して極東地域で戦争など起こって欲しくないが、北朝鮮が此の儘の姿勢だと心配せざるを得ない。
対話を進めると言っても、これまで何度もして来た事であり、良い結果が出てないだけに安易には考えられない。

兎に角戦争など起きない事を祈るしかないが、無力なものだと痛感する。

2017年6月22日木曜日

情報取得

昨今の情報取得はインターネットが大いに活用される。
情報提供者は様々で、内容も右左、前後ろ、上下と様々であらゆる見方が提供される。
限が無いので、受け手の能力によって判断しなければならないのだが、決して容易な事ではない。

どう判断するかという情報もまた豊富に入るので、其れも個々人の能力に掛かっている。
面倒ならどれか一方に判断を任せてしまう事も出来るが、心ある人間なら自分で悩み考えなければならない。
限り無い情報は個人の判断を難しくするが、それだけ一方的なプロパガンダに簡単に左右されないとも言える。

昭和の時代までは情報と言えばTVラジオと新聞週刊誌で、情報の取捨選択は其の提供者であるマスメディアが握っていた。
つまりマスメディアが情報管理しているようなもので、個人の判断はマスメディアの思惑に乗せられていたものだった。

社会的風潮はマスメディアの演出に左右される事も有った。
世論さえもマスメディアが創り出していた事もある。
人々はニュースと言うものは事実、真実を伝えているものと信じていた。

其れが不幸な戦争にのめり込んで行く原因の一つになった時もある。
当時のマスメディアが国民を煽るプロパガンダ機関に終始した結果だ。

敗戦後マスメディアは反省ばかりで反転に振れ、自虐的な民主主義を標榜しつつ、平和と平等そして自由を主張する様に成った。
マスメディアでは国も政府も権力の象徴で、其れに敵対する反権力、反体制が幅を効かすようになった。

その記事やニュースは当然恣意的なもので、相変わらずプロパガンダに過ぎないものだ。
装いや方向が変わっただけで、一方的なものである事に変わりはない。
革新とか改革とか左翼とかだけが正しく、まるで革命を目指す党機関紙の様なものまで有る。

一時は皆それが正しい流れと感じた時もあったが、平成に入りPCの普及と共に個人が直接インターネットで膨大な情報収集が出来る様に成って来ると、マスメディアのニュースや記事が必ずしも事実や真実を忠実に伝えていない事に気付き始める。

事件事象が、映像の編集や記事の表現で、夫々のマスメディアの思惑を持って伝えられている現実を個人が把握したのだ。
予てからマスメディアを鵜呑みにしてはいけないとの意見は常にあったが、特に映像や画像で示されるとつい信じてしまっていた。

情報が多く成って来ると判断が増々難しく成って来るが、其れだけ個人の自主的判断が優先される様に成ったと言う事だ。
多方面から情報を取得しつつ様々な考えを廻らすことで、少しでも自分に合った正しい判断、結論を求めたいものだ。

早速、明日は都議選の告示が行われる、選挙に関わる事は重要な判断だ、例によってマスメディアが夫々の思惑に満ちた報道を既に行っているが、こういった選挙にもPCを大いに活用して、個人が少しでも多くの判断材料である情報を集め、より良い選択を行うよう期待される。

インターネットは個人を籠絡したが、マスメディアから個人を解放した。


2017年6月17日土曜日

朝の運動

今朝も羽根木公園で運動ストレッチに行ってきた。
定点、快晴の好天気!
ラジオ体操に参加、朝から人が多いww
青い空と緑が広がる
日月庵方向
昨夕久し振りの酒場で飲み過ぎ食べ過ぎて、夜半に気分を悪くしたが、朝の運動ですっかり解消した。
朝の空気をたっぷり吸い、青と緑に囲まれて身体を伸ばすと、体調も気分も爽やかになるのは道理。
今後も出来るだけ続けよう!ww

2017年6月12日月曜日

父の日

昨夕、一週間前倒しで父の日の食事会を娘達が設けてくれた。
6月18日は自分が遅番の仕事が入っていて都合が悪く、前日の17日土曜は娘が仕事の予定が入っていると言う訳で、結局皆で集まるのが昨日になった。
新宿の有名焼肉店を予約したので、何と先月祝ってもらった筈の母も起っての希望で急遽参加ww。

久し振りの「叙々苑」の味に皆満足しつつ、小心な父は娘にあまり負担を掛けまいと値段ばかり気にしていたが、赤ワインを二杯飲んでからはすっかりご機嫌になった。
滅多に家族全員が揃う事はない、数か月に一度の行事が有ってやっと集まる。

最早皆夫々に独立して自分を生きている、特別な口実が無い限りは勝手に暮らしている様だ、特に父は唯一の男でどうしても孤独と成る。

其れでもこうして偶に集まれることは嬉しい事だ、夫々の生活を大切にしつつ家族の絆を確かめる良い機会になる。
「父は離れていて元気が好い」これが丁度良い距離感なのだ、自儘な自分にもこれが都合が好い。

普段は独り気儘にさせてくれ、勝手にしているのが堪らなく好い、我が儘自堕落な自分の今の生活にほぼ満足している父であった。

2017年6月2日金曜日

六月

多忙の月末から月初の業務が一段落して今日明日は休日。
晴れているが風が強く雲が湧いては動き、気温30℃近いが部屋では空調掛けず、窓を開け放して扇風機だけで涼しく過ごしている。
今日は静かにして身体を休めているのだ。

昨日、仕事を終えた午後から深川の門前仲町まで足を延ばし、今年初の深川不動のお参りを済ませ、門前の丁度良く開店時間だった大衆酒場「魚三」に旨く潜り込む。
一階は開店と同時に満席になるらしいが、小母さん店員が客を寄せて席を作ってくれた。

久し振りの居酒屋メニューに心躍り、片っ端から気に入った肴を注文しては、酒のお代わりを繰り返した。
早い時間から満足して飲み終えたのは好いが、かなりピッチ早く飲み過ぎた為に、帰りの電車は危うかった。笑

其れでも無事帰り着き、自分でもホッとして茹でてあった唐きびを食したりしたが、間もなく酔いと疲れで眠り込んでしまった。
冷房、扇風機、テレビ、勿論部屋の明かりも皆点けっぱなしで、夜半過ぎて寒さで一旦目が覚めるまで気が付かなかった。

久し振りの酔っ払い状態、途中トイレに起きた序に、酔い覚ましの水をがぶ飲みしたお蔭か、その後の眠りで酔いは殆ど残らず二日酔いには成らなかったが、起きてから肝臓に若干の疲れを感じたので、出掛ける事無く専ら休んでいた。

さて昨日の写真をww!

午後は良い天気になった
成田山深川不動尊、夕方なので参道は空いている
参道正面からだが、新本堂は左側に在る、午後3時の護摩祈祷に間に合った
ここから魚三での飲食になります。ww

ビールは大瓶!先ずはサービス品のマグロぶつ210円!ww
げそ天の後生うに注文、箱で来るが700円ww、冷やしたコップ酒にする
ぬたの次にみりん干しを頼んだが何と三枚も有り、隣人に了解を得て1枚譲る
兎に角安くて、飲んべいの好む肴が何でも有るので、すっかり調子に乗って飲み過ぎる。ww
明るい内に店を出たが、気分は最高であった!www!

2017年5月28日日曜日

多忙だが

此の処2連チャン1休の繰り返し勤務、次は月末締めがあるので30,31、1日と3連チャンシフト、月初に楽した分(腰痛の関係で)後半がきつい。
其れでもここまで来たので、今月何とか無事終わりそうだ。
持病と成ったヘルニアの方も落ち着いて、注意しながらも徐々に回復している。

1休の日は専ら身体、特に腰を休め、未だ本調子と行かないが、体調は日々良くなっている実感がある。

これから梅雨に入るし暑くなる季節だ、此の処晴れると30℃近くなっている。
元よりな夏が好きなので、暑くなって来てもTシャツに半ズボンで過ごせるのが嬉しい。
どだい身に着けるものは少ないのが好みなのだ、楽で自然で好い。

今夜の晩酌は竹鶴のピュアモルトのオンザロック、サラミやチョコレート、其れに初物のそら豆など気に入ったアテでダブル3杯も飲んだ、少々酔ったが更新文はそこそこのものだろう。
明日が休みで気楽な晩酌であったww。

支離滅裂も酔狂と、此れで今夜は終わる。ww

2017年5月23日火曜日

おはよう!

粗半月振りの更新になります、理由有って中断していましたが、様子を視乍らまた続けて行きます。

今朝も快晴と連日真夏日の東京、今日も暑くなりそう。
午前に中目黒の東京共済病院へ、前回腰痛でキャンセルした毎度の循環器検査診察で通院、午後3時過ぎから三月来毎週の整形外科へ通院と忙しいスケジュールになっている。

年齢で医者通いが多くなる様だが、身体全体のリハビリを考えて行かなければならない。
其の為にも出来るだけ運動しなければいけない、肉体的にも精神的にも欠かしてはいけない、腰の具合に注意しながらも久し振りに一昨日、羽根木公園での朝トレに行ってきた。

爽快な気分になって帰って来たが、其の時の画像を添付します。

定点の野球グランド越し三本樹、日曜は草野球が盛んww
快晴の空
土の地面を歩くのは良い!
犬の散歩も多いんだ
濃い緑
並木道
たまらない青と緑!
地面の感触をしみじみ感じながら歩く
定番の日月庵方向
良い運動が出来ました、久々だったが何時も来ている人を見てはその元気さに驚く、「自分も頑張らねばなあ!」等と感動している場合ではないが、また機会を見て通うつもりです。

2017年5月7日日曜日

長閑

雲が多い天気だが晴れは晴れで違いはない、すっきりしないのは黄砂が飛んで来ている所為があるかも知れない。
気温は高くなく微風もあって極めて過し易い。
GW最後の休みとなって住宅街は長閑なもので、偶に鳥の声が聞こえるだけ。

当方は昨日仕事に出て、今日明日連休なので、未だGWが続いている気分。
相変わらず朝からだらだらと過ごしているが、少しは身体を動かさねばと、これから散歩に出ようと思っている。

散歩中に画像を撮って此の後紹介するつもりで、此処で一旦中止とします。
只今午後3時40分です、乞うご期待ww!

世田谷線沿い松原駅近くの花壇
さて、長い散歩から帰ってきました、帰りの買い物も含めて3時間余り、早速に晩酌の発泡酒で渇いた咽喉を潤し、途中気が付いて撮った画像を添付しますww。

地域の有志が花壇の手入れをしてます
線路そばに咲き誇る名を知らぬ可愛い花
此処で休憩しながら世田谷線の電車を次々に取りました。ww

玉電開業110周年記念ラッピング車両
開業時代のカラーだそうです
今は此れ
各車両カラフルな今の世田谷線
最新タイプは此れ
急に話が変わって、商店街の美容院入り口で餌を待っている野良猫ww
帰りの空には月が目立ってきた
おぼろ月、そろそろ日が暮れる
と、まあ、長い長い散歩でした、此の後はTVを観乍ら晩酌を続けます、ww!


2017年5月5日金曜日

’17年立夏

今日は二十四節気の「立夏」、春から夏になって行く季節、気温も25℃を越えて確かに夏日の陽気になった。

午前に菖蒲の風呂に入り、夕方近くになって徒歩での散歩に出た。
途中ラーメン屋で休憩がてらの食事含め、たっぷり二時間余り掛けて歩き廻った。

何時もなら自転車であっと言う間に走り回る範囲だが、歩きだとじっくり街を眺められる。
本屋で立ち読みしたり、長閑な住宅街を手を振りながら急ぎ足、小公園で児童を眺めながら樹々の緑と真っ青な空を見上げる。

何と健康的で好い事か、思うほど実行出来ない自分だったが、やっと思い立っての事に感激しつつ満足する。
毎日これくらいの事をしなくてはいけない、なるべく歩かなくてはいけない、なるべく外に出なくてはいけない、実感した久し振りの散歩であった。

公園の青空画像:

午後4時8分ですww
何とこの碧さ
新緑と青空
明日は久し振りの仕事で早番シフト、6連休の最終日にやっと好い一日になったわい!
明後日、明々後日はまた休みが続く、身体を動かすことを毎日の習慣にしなければならない。
嘗てはそうだったのだが、此の数年ですっかり怠けてしまった、健康を取り戻さなければならないのだ。
まめになろう!!立夏を迎えて良い季節になったところで、運動することを誓うww!

2017年5月4日木曜日

五月晴れ

五月晴れ
先程の空、上方に小さく月が見えるww
若干風があり、午後快晴になった!
GW真っ只中、「みどりの日」の今日は此の辺で23℃、北海道北見市では30℃と全国的に好天に恵まれた。
この上ない「五月晴れ」となり、明日は「子供の日」、翌土曜、日曜とGWは続くが、土曜に一時雨かも知れない予報だが、連日良い天気が続いている。

良い季節である、晴天が多く、緑が日毎に深くなり、風そよぎ、気温が上がってくる。
特に東京は、田舎出の自分には素晴らしい季節に感じる、出て来たのが三月末で、ホッと一息ついたのがこの時期だからだ。
今でもこの時期は毎年心が騒ぐww、やっと慣れて新宿辺りをぶらつく様に成った頃だった。

土曜に早番があるが、まだまだ当方も連休状態、腰のリハビリに励まなくてはならぬ。
部屋でPC弄りや読書にかまけてられないのだが、さもなければ寝ている時間が多いのはとんでもない事だ。

外にも出よ~云々という句があったが、此の処外出が極端に少なくなった、もっともっと外に出なくてはならない、そして歩き廻らなくてはいけない。
足腰が弱り、肥満になっては(成ってる!)生活に支障を来す事になりかねないから。

2017年4月29日土曜日

昭和の日

4月29日、昭和では「天皇誕生日」でGWの始まりだったが、今は「昭和の日」と云う事で、祝日であることは変わらずGWの始まりだが、今年は昨日が月の最後の金曜日で、昨今「プレミアムフライデー」と言われ、午後3時に仕事を終える日と成り、世間は昨日からGWに入った様だ。
実際昨日から旅行に出る人も多かったらしい。

当方は今日の仕事で今月を終え、明日から6連チャンの休みになる。
職場はGWも休み無しだが、先日来の腰痛の所為で、復帰後即無理なシフトに成らない様、同僚が気を使ってくれたお蔭だ。
その好意を無にせず、疲れを溜めず精々リハビリに尽くさなければならないと思っている。

今日は午後シフトだったが、今朝からのメディアを始めとした話題は専ら北朝鮮の弾道ミサイル発射だ。
失敗したが、その脅威は増々増大している。
彼の国は世界を敵にするつもりか、中露の思惑さえ考える事無く動いている様だ。
孤立するばかりか、更に国民を悲劇の渦中に陥れる事に成るのを厭わない。

こんな国が近くに在る事は、我々は決して無視出来ない事だ。
話し合いだとか、対話でとか、平和的にとか、恍けた念仏を唱えている時節は遠に過ぎた。
具体的で真剣な自国防衛を考えなくてはならない。

相手は日本も攻撃すると明確に言っているのだ、当然其れに対応するには如何にするか、実際の方法を実現しなくてはならない。
国会で敵失をネタに足を引っ張り合っている場合ではない、北朝鮮の行為に対する対応を早急に議論すべきなのだ。

我々市民も、何時飛んで来るか分からないミサイルを、只怖がるだけで無く、如何に対処するか日頃に心掛けしなくてはならない。
駄目もとでも、地震の心掛け同様、心の備えを怠ってはいけない。

2017年4月23日日曜日

復帰!

昨日一ヵ月振りに仕事復帰、同僚が気を使ってくれたお蔭で無事終えた。
今後無理も油断も無く、少しづつ慣らして行きたいが、仕事仲間の協力に頭が下がる、年寄り同士お互い様だと言うが、本当に感謝している。
今日はオフで明日また仕事だが、ゆっくり腰を休めようと思う。

昨夜は本降りの雨だったが今朝は晴れ、鮮やかな緑だが気温は肌寒い、先日4日ばかり夏日が続いて暖かさに慣れたが、天気は戻って元の4月陽気となった。

小庭に咲く可憐な雑草の花が判った、ナガミヒナゲシと言う外来で1961年から日本での繁殖が確認されたらしい。
世田谷区で初めて確認されたと言うので、この辺でよく見かけるのは当たり前、庭の地面の半分近くを何時の間にか占領している。

放っておくと来年は一面ナガミヒナゲシだらけになるだろう、可愛い花だが恐ろしい繁殖力らしい。

昨日
一雨の後の今日は花も多くなり庭を占領している
雑草の逞しさとは言ってられないが、この時期方々に咲いている。